ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

池ポチャ5連発 山田成美が史上ワースト「15」

2017/08/11 18:10


◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日(11日)◇軽井沢72ゴルフ北コース (長野県)◇6655yd(パー72)

スコアボードを見上げたギャラリーも目を疑った――。2014年にプロ合格した山田成美が1オーバーで迎えた後半5番で「+11」をたたいた。1ホール15打は、ツアーのワースト記録を更新。いったい何があったのか?

379ydのパー4。グリーン右手前に大きな池が構える。ティショットはフェアウェイへ。残りは160yd。7Iで放った2打目は池ポチャ。1罰打を加え、ピンまで75ydのドロップゾーンからの4打目は、52度のウェッジでグリーンを狙ったのだが…。

4打目 届かず池ポチャ
6打目 届かず池ポチャ
8打目 グリーン手前の傾斜から転がり落ちて池ポチャ
10打目 グリーン手前の傾斜から転がり落ちて池ポチャ

48度を使った12打目でようやくグリーン奥のラフへ。13打目のアプローチはグリーンに乗らず、14打目でグリーンオン。15打目のパッティングで、ようやくカップインした。
記録が残る1990年以降、国内女子ツアーの1ホールのワーストスコアは2003年「プロミスレディス」の紫垣綾花、01年「リゾートトラストレディス」の能登亜希の「14」だった。ただ、これらはパー5。パー4では、01年「ミズノクラシック」での天沼知恵子の「13」がワーストだった。

前週の「北海道meijiカップ」では7位に入った山田。罠につかまって最下位発進を余儀なくされ、「怖がってちゃんと打てなかった。もっと大きいクラブで打てば良かった」と肩を落とした。(長野県軽井沢町/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。