ニュース

国内女子ほけんの窓口レディースの最新ゴルフニュースをお届け

イ・ボミは今季2度目の予選落ち「もう一回頑張る姿を見せたい」

2017/05/13 19:54


◇国内女子◇ほけんの窓口レディース 2日目(13日)◇福岡CC和白コース(福岡)◇6308yd(パー72)

うつむく姿に笑顔は見えない。悪天候による順延で、第1ラウンドの未消化ホールと合わせて行われた2日目。第1ラウンドを「75」、第2ラウンドを「77」でプレーしたイ・ボミ(韓国)は、通算8オーバーの76位。3月の「アクサレディス in MIYAZAKI」に続く今季2度目の予選落ちを喫した。

初日の悪天候から一転し、五月晴れとなった2日目の第2ラウンド。2番(パー3)でティショットを左ラフに外すと、2オン2パットのボギーを先行。第2打地点からグリーン面へ大きく打ち上げとなる6番では、グリーンをショートしてアプローチが寄らずボギー。7番(パー3)では、グリーン右に外して連続ボギーとした。

砲台グリーンが続くコースでカギとなる、セカンドショットの距離感がかみ合わず、パーオン率は「36.11%」と低迷した。「方向性」もこの日の不振の原因といい、安定感を欠いたショットに自信が持てず、ミスを招いたことを悔いた。

「福岡は本当に大好き。きょうはギャラリーの前で良いプレーができず、見に来てくれた子どもたちの希望に応えられなかったことが悔しい」と唇をかんだ。それでも2年連続賞金女王は、転んだままではいられない。「悪いながらにもう一回頑張っていく姿を見せたい」と、気持ち新たに前を向いた。(福岡市東区/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ほけんの窓口レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。