ニュース

国内女子ほけんの窓口レディースの最新ゴルフニュースをお届け

雨合羽でミニスカ封印 アン・シネのあしたのウェアは?

2017/05/12 18:35


◇国内女子◇ほけんの窓口レディース 初日(12日)◇福岡CC和白コース(福岡)◇6308yd(パー72)

日本ツアー2戦目となるアン・シネ(韓国)、イ・ボミ(韓国)、松森彩夏の注目組が1番グリーンに上がった直後、雷雲接近のため中断。降雨が続く中、午後3時10分にプレー再開したが、同4時57分に天候の回復が見込めず、翌日順延が決まった。アンは6番までを消化して、1ボギー1ダブルボギーの3オーバーとした。

約5時間に及んだ中断時間は、コースの外に出て昼食をとってリフレッシュ。会場に戻ると、室内のマット上でボールを転がした。

再開後は1番でピンそば2mにつけたチャンスから、バーディパットを外してパー。「あれが入っていたら、流れは変わっていたかも」と、ティショットを右手前バンカーに落とした2番(パー3)では、雨で重たくなったグリーンに対応しきれず、2オン3パットのダブルボギーを喫した。

「雨の中でのプレーは嫌いではないけど、きょうは雨風が強く、自分のプレーを思うようにできなかった」と唇をとがらせた。レインウェアでミニスカートも封印。あすはミニスカートを着用する?との質問には英語で「I think so.(そう思います)」と答えた後、韓国語で「着てもよろしいですか?」と、茶目っ気たっぷりな笑顔を見せた。

「長い中断にも関わらず、再開後も多くのギャラリーの方が残ってくれていて、本当にありがとうございました」と、ファンへの気遣いも忘れなかった。(福岡市東区/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ほけんの窓口レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。