ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

独走テレサ・ルー 焦点は最多アンダーパー記録

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 3日目(19日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6474yd(パー72)

テレサ・ルー(台湾)が、首位を独走している。「67」「62」「67」で3日間を終えて、通算20アンダー。女子ツアーの72ホール最多アンダーパーは、2013年「アース・モンダミンカップ」で堀奈津佳が記録した21アンダー。天真爛漫な29歳は「目標は立てていない」とあっけらかんと言うが、大幅な更新もありそうだ。

<< 下に続く >>

伸ばしても遠くなるトップの背中。最終組で一緒に回った原江里菜も目を丸くした。「(ルーは)ドライバーも飛ぶし、ショットがキレキレです」。この日は「69」でプレーし通算15アンダーとしたが、それでも5打差。決して勝負をあきらめたわけではないが、「彼女のスコアは操作できないから」と半ばあきれ顔だ。

同じく5打差を追う菊地絵理香は「(優勝は)無理でしょうね」と苦笑い。「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」から投入したスコッティキャメロンのパターが、馴染み出し8mのバーディパットを決めるなど「68」を出した。それでも「トップを目指すとなると、10アンダーくらい必要になる」と絶好調のライバルに脱帽した。

ルーの目線は、世界基準と言ってもいい。14位だった海外メジャー「全英リコー女子オープン」では、多くの日本人選手がコースの難しさを嘆く中で「ここなら、1日7アンダーくらい出さなきゃいけない」とキッパリ言っていた。16位で終えた「リオデジャネイロ五輪」でも、第2ラウンドの途中でトップに立つなど活躍を見せた。

「(2位との)4打差なんてすぐに逆転されちゃいますからね。他の選手も9、10アンダー出してくるかもしれない。とにかく、たくさんのバーディを獲って最高の結果にしたい」。今季3勝目に向けて、抜かりはない。(愛媛県松山市/林洋平)

スコア選手大会
-21堀奈津佳2013年「アース・モンダミンカップ」
-17不動裕理2002年「ニチレイカップワールドレディス」
キム・ヒョージュ2012年「サントリーレディス」
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!