ニュース

国内女子センチュリー21レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

伊豆→英→札幌の3連戦 西山ゆかりが強行日程で戦う理由

国内女子ツアー「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」は22日、静岡県の伊豆大仁CCで開幕する。次週に「全英リコー女子オープン」(ウォーバーンGC/イングランド)で海外メジャーに初出場する西山ゆかりは開幕前日の21日、練習場で軽めの調整。「今週で優勝して、全英に行ければ最高ですね」とモチベーションが高い。

LPGAの規定では海外メジャー出場者は、当週を含む2週間の欠場が認められており、西山と同じく全英女子で初メジャーを迎える柏原明日架のように今週の出場を見送り、渡英準備を整えることも可能。だが、西山は「全英」出場資格の繰り下がり(※)を知ったのが、今大会のエントリー締め切り後(6月24日)だったため、今大会を欠場する選択肢はなかった。

来週月曜日に渡英する強行日程。本人は「私は動いている方が良いタイプなので、逆に試合をしながらの方が良かったかもしれない。今は前向きに捉えています」と声を弾ませている。もともと国内ツアーでもシード選手となった2014年シーズンから、出られる試合にはすべて出場することを続けている。

今季もここまで開幕戦からフル出場中だ。長いフライト時間が加わる初の海外遠征は、むしろ帰国後の方が心配かもしれないのだが…。

翌週の「meijiカップ」は前年に悲願のツアー初優勝を飾った大会。海外メジャー出場者の2週間欠場規定で、通常なら罰則が科せられるディフェンディング大会のスキップも可能だが、「meijiカップから復帰します」と、すでに思い入れ深い初優勝大会への出場を心に決めている。

今週から3週間は本人にとって前例のない移動距離を越えての戦いとなる。「まずは今週で良い結果を残したい」と目前の一戦に集中を研ぎ澄ます。(静岡県伊豆の国市/塚田達也)

(※)「アース・モンダミンカップ」終了時点(6月28日)の賞金ランク上位4人に「全英」出場権が付与。西山は賞金ランク12番目だったが、上位に辞退者が出たため出場権が繰り下がった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 センチュリー21レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。