ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「星から来た」チュティチャイ 天国の父に捧げる日本初V

国内女子ツアー「ヨネックスレディス」最終日、ポラニ・チュティチャイ(タイ)が通算10アンダーで並んだ上田桃子とのプレーオフを制し、ツアー初優勝を飾った。ウィニングパットを沈めると両手を突き上げた。4年前に他界した父ブンシューさんの夢だった日本ツアー制覇をかなえた。

4打差の首位でスタートした最終日。しかし、圧勝ムードは、バックナインに入るとすぐになくなった。後半10番でティショットをOB。このホールをボギーとし、後続に逆転を許した。「かなり緊張していた。苦しかった」と、初日にコース新記録「63」を出したショットは安定感を欠いた。

13番でバーディを奪って再び首位に出たが、ピンチは続いた。「自信を持って打てていた」と、頼みの綱はパッティングだった。17番で約5mのパーパットを沈め、ガッツポーズ。18番も約2mのパーパットを決めてしのいだ。プレーオフ2ホール目で花道からの36ydを1.8mにつけ、勝負を決めた。

11歳で本格的にゴルフを始めた。コーチの父は「安定しているツアーに行きなさい」と日本ツアーを勧めた。2012年から本格参戦したが、翌年に向けたサードQT中、病魔に蝕まれた父は死去した。母サタヤさんはファイナルQTを控える娘に伝えなかった。「でも、周りの反応でなんとなく分かります」と当時を思い出し、柔らかな笑みを浮かべた。

ポラニという名前は「星から来た子」という意味。2013年からツアーの登録名を「P.チュティチャイ」にしているが、理由は「長いから省略した」と分かるような分からないような…。日本人には発音しにくいと感じている、父と同じ「チュティチャイ」という苗字を表彰式で呼ばれ、誇らしげに優勝カップを掲げた。

153cmと小柄な30歳は「悩んで眠れない日はほぼない」と常に明るい。これまで下部の1勝だけだった苦節の5年を経て、ようやくツアーの歴史にその舌をかみそうな名前を刻んだ。(新潟県長岡市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。