ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

国内女子ツアー15試合ぶりに日本勢が最終日最終組を独占

2016/05/21 20:09

国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディス」は2日目を終え酒井美紀鈴木愛永峰咲希の3選手が通算9アンダーの首位で並んだ。日本勢が最終日の最終組を独占するのは今季11試合目(「KKT杯バンテリンレディス」が熊本地震のため中止)で初。昨年11月「樋口久子 Pontaレディス」以来、15試合ぶりとなった。

連日60台をマークした3選手は、後続に2打差をつけた。ツアー2勝の酒井は「優勝は意識する。3つ4つ伸ばしたい」と意欲。通算7アンダー4位にツアー22勝の全美貞(韓国)、通算6アンダー7位に今季1勝で賞金ランク2位のキム・ハヌル(韓国)がつけている。

<< 下に続く >>

今季出場7試合でトップ10を外していないイ・ボミ(韓国)はオープンウィークで欠場。イは直近3試合を含む今季4試合で最終日最終組をプレーしている。

今季10試合で優勝した日本勢は大江香織菊地絵理香大山志保福嶋浩子の4人。

昨年の「樋口久子 Pontaレディス」は優勝した渡邉彩香茂木宏美、アマチュアの畑岡奈紗が最終日に最終組でプレー。昨季の賞金ランクトップ3のイ、テレサ・ルー(台湾)、申ジエ(韓国)は出場していなかった。(愛知県豊田市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!