ニュース

国内女子ゴルフ5レディスの最新ゴルフニュースをお届け

ボギーで笑、バーディには怒!? プロ2年目の江澤亜弥が見つけたメンタル術

2015/09/04 19:08


気持ちのコントロールはゴルファーにとって重要だ。釈迦に説法には違いないが、プロでさえその加減は難しい。プロ2年目の21歳・江澤亜弥も、ラウンド中に気持ちを落ち着ける方法を模索してきたという。

メジャー並みのセッティングだった前週の「ニトリレディス」(北海道・小樽CC)で、11位タイに入った。プロ転向後の29試合目で、自己最高の順位だった。その流れを継ぎ、4日(金)開幕した「ゴルフ5レディス」(岐阜・みずなみCC)初日、5バーディ、2ボギーの「69」で、3アンダーの4位発進を決めた。

<< 下に続く >>

「これまではラウンド中に感情の起伏が激しかったが、できるだけフラットに保つやり方を見つけた」と、顔をほころばせた。

きっかけとなったのは、所属先が主催しホステスプロとして臨んだ1カ月前の「大東建託・いい部屋ネットレディス」(山梨・鳴沢GC)。初日前半をオーバーパーとする苦しいスタートになった中、キャディから「常に心をフラットにしなければだめだよ」と声をかけられた。3日間を「71」「71」「72」(パー72)とし、それまでの最高順位の17位タイで終えて、ホステスプロの重責を果たした。

そのときに見出した気持ちを落ち着かせる方法とは「ボギーになったら笑顔、バーディを獲ったら怒る、くらいの気持ちでやる」だという。

少し分かりにくいが「バーディだと心の中でうれしくなるけど、ニヤッとするのではなくて『まあまあ』と落ち着かせる。入れたかったパーパットが入らないとカーッとなるけれど『まあまあ』と沈める」とか。まずは「まあまあ…」と自分に話しかけることがポイントのようだ。

通算2オーバーでフィニッシュしたニトリレディスでは、高速グリーンに「苦しいパットが残った」が、「まあまあ…」に続けて「外しても、みんな苦しいんだと考え、(心に)波風を立てないように」して乗り切った。

ゴルフを離れても、他人から指図されるといらだちやすかったというが、この方法を始めてから「わたしのことを考えて言ってくれているんだと、ワンクッション置けるようになった」という。思わぬ効能も伴ったようだ。(岐阜県瑞浪市/片川望)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ゴルフ5レディス




特集SPECIAL

`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!