ニュース

国内女子スタンレーレディスの最新ゴルフニュースをお届け

「久しぶりの恋愛で…」アン・ソンジュ逆転Vの陰に彼氏の存在

静岡県の東名CCで開催された国内女子「スタンレーレディス」は、首位と4打差の単独3位から出たアン・ソンジュ(韓国)が、怒涛のラストスパートで李知姫(韓国)をかわし、通算14アンダーで今季4勝目を飾った。「(手首故障から)こんなに早く勝てるとは思わなかった。嬉しいです」。そう語るアンの勝因は、ロープの外からひと際熱い視線でプレーを見守る人の存在だったようだ。

首位の背中を4打差で追って迎えたサンデーバックナイン。しばらく休養を余儀なくされた手首痛の影響もあり、一時は「あきらめてはいないけど、2位でもいいかなという思いもあった」という気持ちになったというアンだが、大切な人の前で、みっともないプレーはできなかった。

<< 下に続く >>

今週の会場には、知人の紹介で出会い、アンの「一目惚れ」によって4カ月前から交際に発展したキム・ソンホさん(28)が駆けつけ、ときには弱くなることもあるハートを頼もしく支えてくれていた。「今はとにかく自分らしい攻撃的なゴルフがしたい一心」と、ついに16番のバーディで、伸び悩んだ首位の李知姫に並ぶ猛追撃。並走で迎えた最終ホールは、李が第3打をグリーン手前のバンカーに入れるミスの直後、約1.5mにピタリと寄せるスーパーショットを披露して、バーディフィニッシュで華麗なる逆転劇を完遂した。

ガッツポーズとともに見せた静かに微笑が、ロープの外を魅了した。これ以上ない自己アピールとなる優勝だっただけに、プレー後には、「ひさしぶりの恋愛でどうやって恋愛するのか分からない」と、お惚気(のろけ)も全開だ。

この優勝で1,620万円の優勝賞金を手にし、賞金ランクで前週トップのイ・ボミ(韓国)を抜いて2位からトップに返り咲いた。賞金ランクについて考えてしまうと自分のプレーが萎縮してしまうのではないかと懸念し、話題さえも遠ざけてきたと言い、「(ランキングを)意識しないことで、きょうのようなプレーができたんだと思う」と、3年ぶり3度目の賞金女王を目指す終盤戦にも手応えを感じていた。(静岡県裾野市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 スタンレーレディス




特集SPECIAL

「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!