ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

上田桃子がメジャー初Vへ1差2位 カギ握る攻めのスイッチ

2014/09/13 18:39


先月「CAT Ladies」で3季ぶりに国内ツアーを制した上田桃子が、初のメジャータイトルを射程に捉えた。「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」3日目。3連続を含む5バーディ、2ボギー「69」をマークし、首位に1打差の通算3アンダー2位タイに浮上した。

「この(初日からの)2日間よりもショットが良かった」という好転はこの日、上田の球筋にはっきりと現れていた。

かねて「ストレート系にしたかった」というが、先週のオフに、持ち球のドローからの矯正を敢行。準備を積んで乗り込んだ今週はしかし、「それが仇(あだ)になった」。本戦で練習通りの球筋が出ず、ドローボールの切れも鈍り、コースマネジメントに苦しんだ。

コーチとも相談し、この日はストレート系へのこだわりを捨て、ドローとフェードの併用に切り替えた。「右ドッグで打ちにくい」と話す9番と16番ではティショットでフェードを用い、フェアウェイキープから難なくパーで通過した。米国ツアー参戦1年目の2008年ごろからフェード習得に励み「ここ3~4年ぐらいで、ようやくモノになってきた」という。「打てる、打てないはショットの調子による。今日は良かった」と胸を張った。

「CAT Ladies」の優勝は、「そこから始まったわけではなく、その前から準備はできていた」と、上田にとっては1つの通過点。「焦りも余裕もなく、ニュートラルで良い状態」と継続中のメンタルコントロールも、プレーの軸として確立しつつある。

なかなか芽が出ずに苦しんだ米国ツアー参戦時は「ずっとスイッチを入れっぱなしで、常に戦闘モード。入れ込むことが、自分のスタイルだと思っていた」。そんな試行錯誤を経て「今は余裕を持ってプレーできているし、ずっと戦闘モードでなくても戦える自信がある」という境地へ。「年齢もあるのかな?」。今年でプロ10年目を迎えた28歳は、朗らかに笑った。

「今は、スイッチを入れる状況をずっと見ている感じ。明日も、様子を見ながら入れようと思う」。最終日に3打差を逆転したCATでは「早めに押していた」という心のスイッチ。明日もニュートラルからの一気の加速で、トップの座を奪ってみせる。(兵庫県三木市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。