ニュース

国内女子ニトリレディスの最新ゴルフニュースをお届け

15歳新垣比菜、10位以内の目標達成し「70点」

北海道で開催されている「ニトリレディスゴルフトーナメント」最終日、沖縄県の興南高1年、15歳の新垣比菜は3バーディ、3ボギー、1トリプルボギーの「75」で回り、通算1オーバーの7位タイと、目標にしていた10位以内を達成。ベストアマチュア賞に輝いた。

「うれしいです」。精悍さの中にあどけなさも残る笑顔がはじけた。「耐えたと思う。ショットが悪いわりに、スコアはまとめきれたかなと思う」と、最終日のラウンドを評価した。

ティショットが右に出るホールが多くなり、「17番からやっと自分のショットができた」と、我慢を強いられた戦いを振り返った。その17番では、残り70ヤードから56度のウェッジで打った第2打をピンそば1.5メートルにつけ、会心のバーディを奪取。同じスコアで並び、ベストアマチュア賞を争っていた高橋恵(佐久長聖高3年)を振り払った。

「ベストアマはすごく意識していた」と、ボードを見て高橋との同スコアを確認。気合いを入れ直して臨んだ17番だった。

悔やまれたのは、前半の6番(パー3)。ティショットを引っかけてグリーンを外すと、アプローチ、パットも寄らず入らず。6打をたたいてダブルパーとし、プロの試合で戦うには「ショットの安定性が必要」と課題を挙げた。

「グリーン回りの深いラフは、経験できないのですごくよかった」と3日間で得た収穫を語り、初日より最終日の方がうまく対応できたと自らの成長も感じ、宿題を少し残しているという夏休み最後の戦いを「70点」と採点した。(北海道恵庭市/片川望)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ニトリレディス

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!
非力に見えるのに、一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。「彼女たちのように飛ばせたら…」と願うアマチュアは多いはず。そこで高性能スイングセンサー『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。そこには節電モードで効率よく飛ばせる、女子プロ流“ecoな飛ばし”のテクニックが満載!



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。