ニュース

国内女子サントリーレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ノーバーディV逸の工藤遥加「納得がいかない」

兵庫県の六甲国際GCで開催された国内女子ツアー「サントリーレディスオープン」最終日。ツアー初優勝をかけて首位タイから出た工藤遥加はバーディ「0」の2ボギーで、実質的な優勝争いには加われず、通算6アンダーの5位タイで終戦。最後は同じスコアから出たアン・ソンジュ(韓国)に8打差をつけられる完敗だった。

スタートホールから、工藤の心に不安がよぎった。「1番ホール(パー5)のティショットを私だけ右のバンカーに入れた時点で、これは違うなと。緊張はなかったけど、バーディ発進をしたかった」。結局パーに留まった工藤に対し、アンはバーディ発進。さらに4番までに3バーディを奪うロケットスタートを目の前で見せつけられ、「あそこまでボン、ボン、ボンとバーディを決められると苦しい。ホールを消化していくにつれて、優勝が遠のくのが感じられた」と、早くも戦意をそがれた。

<< 下に続く >>

工藤もチャンスにつけるものの、要所でバーディパットを決めきれない。4番(パー5)で最初に迎えた2メートルのチャンスを外し、3打目を寄せた17番(パー5)でもショートパットが入らない。「アグレッシブには攻められたと思うけど、バーディパットが入らなければ、苦しい流れを変えられない。相手にプレッシャーをかけられなかった」。

初めての最終日最終組を経験した4日間大会の最後に「ノーバーディの『74』は納得がいかない」と唇を噛んだ。(兵庫県神戸市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 サントリーレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!