ニュース

国内女子ほけんの窓口レディースの最新ゴルフニュースをお届け

アマ優勝を阻んだイ・ボミ 賞金至上がプロの強み

韓国のイ・ボミが今回はアマチュア優勝の阻止に成功した。単独首位の18歳アマチュア柏原明日架を1打差で追った国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」の最終日、息詰まる最終組決戦でスコアを3つ伸ばし、終わってみれば完勝の通算9アンダーで逆転優勝を果たしてみせた。

5番で2打目をピン横1メートルにつけてバーディを先行させ、早々に同組の柏原に追いついた。「途中からショットがぶれてしまって、セーフティに行けばいつかチャンスが来ると信じてラウンドしました」と、その後は3メートル程度のパーパットをしぶとく入れ、若きアマチュアとの我慢比べで一歩も退かない。ティショットを右に曲げてOBとした10番も、4打目をピン手前3.5メートルにつけ、これをねじ込んでボギーにとどめた。

10番バーディの柏原を再び追う展開となったが、11番パー5ですぐさま追いつき、13番は敵失で1打差リードとなる再逆転。2打目がピンに当たってカップを覗き込むスーパーショットとなった15番で、楽々バーディを奪い、柏原のボギーもあって勝敗を決した。ボギーを叩いても、つけ入る隙は与えず、むしろ強ささえ印象付ける試合運びだった。

4月の「KKT杯バンテリンレディス」では、15歳アマチュアの勝みなみが優勝し、2位に入ったイが優勝賞金を獲得していた。今回もその可能性はあったが「2位でも高額賞金がもらえるので私は嬉しいです。ただ、前回2位に入れたことは今日の優勝に繋がったと思います」。本人は“アマに負けたプロ”の代表格のように見られることを、気にする素振りもない。

多くの日本人選手が「アマチュアには負けたくない」というコメントをする中、イは1円にもならない“プロの威厳”など眼中にはなく、少しでも多くの賞金がもらえるならOKというわかりやすさだ。前回は同組以外の“死角”からアマチュア優勝が出たものの、同組だった今回は、肩に余計な力が入らない分、プロらしい技術差も発揮され、完勝につながった。

「賞金女王を狙う」と公言して臨むシーズン。何をおいても獲りに行く覚悟のイには、シーズン最高の栄誉以外はただの過程にすぎないのかもしれない。(福岡県福岡市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ほけんの窓口レディース

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!