ニュース

国内女子ニトリレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

完全復活!アン・ソンジュの頭脳プレー

首位と2打差の2位タイからスタートした「ニトリレディス」最終日。ディフェンディングチャンピオンで前週優勝と勢いに乗るアン・ソンジュは、前半からチャージを掛けた。

2番で2.5メートルを沈めると、3番でも7メートルを沈めて連続バーディ。前日の宣言通り、最終組の1組前で存在感を発揮する。圧巻だったのは7番(パー5)。ティショットは同組の北田瑠衣成田美寿々よりも飛ばしたが、2人が2打目にウッドを使ったのに対しアンは5Iでレイアップ。2人より30ヤード近く手前に刻んだ。

<< 下に続く >>

残した距離はピンまで104ヤード。アンは言う。「今週は芝が難しいので、50ヤードから70ヤードくらいを残すと、ダフッたり、逆に(強く打ち過ぎて)距離が出てしまう。100ヤードから105ヤードが52度のウェッジでフルショットの距離なので、初日の後半からはその作戦です」。この3打目をピンそば30センチにぴたりとつけて、お先にバーディで颯爽とグリーンを後にした。

「ショットが“キレッキレ”」とは同組の北田の表現。「アンちゃんが賞金女王を獲ったときにも一緒に回ったけど、今日のショットは今までで一番切れていたと思う」と、舌を巻く。成田も「セカンドで手を放したと思ったのに4メートルくらいについていたし、手のつけようがないですね」と、アンのゴルフに脱帽した。

この日、唯一といっていいピンチは16番(パー3)。直前にリーダーズボードを見たというアンは、「テレサ・ルーの調子が良くて、そこからプレッシャーが掛かってしまった」と、2打差に迫る存在を確認し、8メートルのバーディパットを1.5メートルもショートしてしまう。しかし、これをねじ込みパーセーブ。「あそこでパーを獲れたので、もしかしたら優勝できるかもしれないと思いました」と、打ち明けた。

終わってみれば7バーディノーボギーの「65」。この日のベストスコアをマークして、2位に2打差をつけて悠然と勝利を掴んだ。「先週は最終日にボギーが2つあったので、今日はノーボギーで満足な1日でした」と満足げに振り返った。

この勝利で賞金ランキングは6位へと浮上。だが、「自信はすごく戻ったけど、森田さんは調子の良いゴルフをしているし、女王までは考えられない。賞金ランクトップ5に入れたらいいですね」と謙遜する。それでも、メジャーや高額賞金大会の続くシーズン終盤へ向け、目覚めた大本命の存在は脅威となりそうだ。(北海道苫小牧市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ニトリレディスゴルフトーナメント

GDO パーソナルサービス

GDO パーソナルサービス
選べるモバイルサービス。見たい時にいつでも見れる、GDOモバイルのニュース速報。石川遼オフィシャルモバイルサイト。GDOポイントが貯まる、ゴルファーのためのGDOカード。通常プレーすることができないゴルフ場が予約できるGDOプレミアム倶楽部。GDOが主催するレベル別の競技イベント、各コンペなど、あなたのゴルフライフをサポートとします。



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!