ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

渡邉彩香、同伴競技者の球に当てイーグル奪取

2013/08/16 17:10


「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」初日、19歳の渡邉彩香はラスト1ホールまで単独首位に立っていたが、最終ホールで痛恨のボギーを叩き5アンダー、1打差の2位に後退。「(気分は)あまり良くないです」と、苦笑いで振り返った。

飛距離を武器にする渡邉は、480ヤードの16番(パー5)では第2打を3Iでピンそば1.5メートルにぴたり。イーグルパットは外したが、楽々バーディとする。折り返した2番(パー5)では、残り50ヤードの3打目を「イメージが湧いたし、思ったところに打てた」とピンへ絡めると、グリーン上で2バウンドした球は、先にグリーン上にあった同伴競技者の球に当たって右へ跳ね、なんとそのままカップイン。運も味方したイーグルに「かなりラッキー」と喜んだ。

<< 下に続く >>

8番(パー3)でもバーディを奪い通算6アンダーとした渡邉だったが、悔やんだのは最終9番(パー5)。2打目でグリーン手前のラフまで運んだが、「洋芝でライもあまり良くなくて球が上がってしまって、当てようとしたところ(傾斜)に当たらなかった」と、ピンを大きくオーバーさせて、3パットのボギーフィニッシュ。「アプローチは割り切れたけど、その後が・・・」と、最後に叩いたこの日初めてのボギーを悔しがった。

それでも、このコースは高校2年時に出場した大会で優勝した経験もあり、「イメージもいいし、相性もいい」と得意としている。「やっと最近パターが納得できるようになってきた」と、フル参戦1年目のルーキーは2日目以降に期待を寄せた。(長野県北佐久郡/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!