ニュース

国内女子meijiカップの最新ゴルフニュースをお届け

2位の一ノ瀬優希「悔しい」あと1打

北海道の札幌国際CC島松コースで開催された、国内女子ツアー「meijiカップ」最終日。最終組の4組前から3打差を追ってスタートした一ノ瀬優希は、この日のベストスコア「65」をマークするも1ストローク届かず、通算11アンダーの単独2位に終わった。

スタートホールから、猛追の気配を漂わせた。1番で7メートルを沈め、力強いガッツポーズでバーディ先行。さらに4番、6番とスコアを伸ばし、早々に首位タイに浮上した。バーディ合戦の展開にもひるむことなく、後半も4つのバーディを重ねて11アンダー。首位並走のまま、最終18番(パー5)を迎えた。しかし、単独首位で後続を待つためにも入れたかった5メートルのバーディパットは、僅かにショートしてパー止まり。結果的にナ・ダエ(韓国)に1打差で敗れ、今季2勝目は惜しくも叶わなかった。

「悔しいですね。18番の3打目はちょっと緊張して、思ったところに打てなかった。もうちょっと気持ちを強く持てれば良かった」と、54ホール最後のショットに悔いを滲ませた。開幕前に掲げたシーズン複数優勝はお預けとなったが、「自信と反省と、勉強になった1週間。次は、絶対にモノにしたい気持ちが強くなった」。今週の惜敗を、目標達成への糧にする。(北海道北広島市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 meijiカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!