ニュース

国内女子ヤマハレディースオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

2位に7打差で初優勝した原江里菜が、8打差で黄アルムに敗れる

国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」の最終日は、予想外の一方的な展開となった。優勝した韓国の黄アルムは、自己ベストの7アンダー「65」を叩き出し、2位に8打差をつける圧勝劇だった。

初優勝を圧勝で果たしたといえば、昨年の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で原江里菜が、2位に7打差をつけて優勝したのが記憶に新しい。その原が、今度は目の前で8打差をつけられ2位という立場になってしまった。

<< 下に続く >>

原は首位に黄とは1打差の2位タイで、黄と同じ最終組でスタートした。「もっと良いプレーをしてアルムにプレッシャーをかけたかった・・・」と振り返る原だが、2番でボギーを先行さえるなど、なかなかスコアを伸ばせず、逆に黄を楽にさせてしまった感がある。

しかし、アルムが気持ちよくバーディを量産する姿を見たら「あんなに良いプレーをされたらしょうがない」という気持ちになったという。優勝した黄とラウンドするのは、この日が初めて。「ゾーンに入っていたのもあるけど、アグレッシブなプレーをしますね」と関心した様子。

原も同じようにアグレッシブなプレーが信条だが、飛距離も同レベルで攻めるゴルフも似たところがある2人。これからは共に優勝争いをするライバルとなる可能性が高い。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 ヤマハレディースオープン葛城




特集SPECIAL

`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!