ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

沈黙の18ホール 藍はノーバーディで11位タイ

2012/09/30 17:27


神奈川県の横浜カントリークラブ 西コースで開催された、国内女子メジャーの今季第3戦「日本女子オープンゴルフ選手権競技」の最終日。05年以来の大会2勝目に向け、首位に2打差の4位タイからスタートした宮里藍は、32パットと終始グリーン上で苦しむ展開。ノーバーディ、4ボギーと見せ場なく18ホールを終え、通算7オーバーの11位タイに後退した。

「スコアよりも、ノーバーディだったことが残念」。台風接近の影響が心配される中、連日の1万人超えとなる10,395人のギャラリーが来場。その多くが宮里の組に続いたが、グリーン上で溜息ばかりが漏れ続ける。好調なショットで多くのチャンスを演出するが、「昨日よりもグリーンが白っぽく光って速く見えた。実際のスピードとのギャップが合わず、打ち切れないパットが多かった」。

その流れの中で、ミスがボギーに直結して前後半に2つずつのボギーを献上。「(グリーンとのフィーリングが)最後まで合わなかった」と、ホールを重ねても流の立て直しは叶わなかった。それでも、「ショットはいいし、パットのフィーリングは良かった。スコアには繋がらなかったけど、納得のいく1週間だった」と総括。「これだけ狭いフェアウェイで4日間プレーできたので、残り試合は(コースが)広く感じると思う。ショットの精度についても、良い弾みをつけられた」。米ツアーも終盤戦を迎え、宮里の出場予定は残り5試合。今季は「ミズノクラシック」を含め日本ツアー出場の予定は無く、主戦場でのラストスパートに向けて全力を注ぐ。(神奈川県横浜市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!