ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

2戦目にしてイエローカード第1号

国内女子ツアー第2戦「ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ」2日目、今年からスロープレー警告のために新たに導入されているイエローカードが、この日初めて実戦で提示された。

その記念すべき(?)第1号は、アウトスタート第1組のフォン・シャンシャン(中国)、山村彩恵李知姫(韓国)の3選手が受けた。7番ホール終了時に「これ以上遅くなると警告になります」と競技委員に口頭で伝えられ、9番ホールのティグラウンドで各選手に示されたという。

「(イエローカードは)サッカーのイメージがあるので、ちょっとびっくりしました」と李知姫。それでも「言葉があまり分からない選手には、分かりやすいと思います」とこの制度自体には肯定的だ。「でも、招待で来ている海外選手などは、きちんと説明しておいてあげないと分からないでしょうね」と運用上の注意点を指摘していた。

また、フォン・シャンシャンは「選手としては口頭でも分かるけど、テレビを見ている人やギャラリーにとっては一目で分かるのでいいと思います」と違った視点で見ていたが、知姫同様におおむね好意的に受け止めていた。

今年ツアーデビューの山村は「あ、これが噂のイエローカードか」と驚きよりも好奇心の方が強かったようだが、「最初からちょっとゆったりな感じがしていたので」と、自分よりも同伴競技者のペースを気に掛け、本人のショックは少なかったようだ。

結局、後半は前の組に追いつき、今回は誰もペナルティを課されることはなかった。イエローカードによる警告運営は、まずまずスムーズに始まったと言えそうだ。(高知県香南市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。