ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

ホステスプロの原江里菜「今年は不安感より緊張感」

2012/03/08 17:53


ホステスプロとして今大会を向かえる原江里菜だが、昨年とその心境は大きく異なっている。一年前は自分のゴルフができないという不安感。今年は「自分で手応えを感じているので緊張感が強いです」と武者震いに似た心境だ。

1年前と比べると、ドライバーの飛距離で20~30ヤード、アイアンでも1番手以上飛距離が伸びているという原。「調子はいいです」というものの、問題は昨年までの番手・飛距離と今の状態の差に慣れることだ。

開幕戦でも8番アイアンで145ヤードの距離をオーバーして奥のバンカーに入れてしまった。フライヤーを計算に入れたとしても、そこで9番アイアンを持てるかという葛藤だ。「迷ったときは、小さいクラブですね」と、悪くても手前から攻めていくというのが今週の姿勢となりそうだ。(高知県香南市/今岡涼太)

関連リンク

2012年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~