ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

有村、オフは手首の治療を優先 「時間を使って直したい」

今年8月に痛めた左手首が『TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)』と診断され、今もなお練習量の軽減を強いられている有村智恵。13日(火)に都内で行われたLPGA感謝デーの場で、現在の手首の症状とオフの予定を明かした。

「日常生活では痛みはないけど、球を打つまでには、まだいけていません。もう少し休ませて、早く練習ができるように年内は休む予定です」。

<< 下に続く >>

10月末の「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」で勝利を飾り、手首の故障は順調に回復していたかに思えたが、その後の「伊藤園レディス」、「Hitachi 3Tours Championship 2011」と手首痛を理由に欠場。「1月に始動できれば、と思っています。毎年のオフより1ヶ月ぐらい遅らせてのスタートとなるので、(手首を診る)先生と相談しながら進めていきたい」と、体力作りやスイング作りに重要なオフの過ごし方にも影響する見込みだ。

「開幕がどこになるのか自分の中で決めることはできない。(国内開幕戦の)ダイキンに出られればいいな、というのが今の一番の願いです。練習ができず球が打てない、はがゆい思いはできるだけしたくない。とことん時間を使って直したい」。3月の国内ツアー開幕までは海外ツアーへの出場は予定しておらず、国内での治療に専念する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには桑木志帆プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!