ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

岡本綾子も激励!野村敏京に日本の洗礼!?

国内女子ツアー「ニチレイレディス」の初日、横峯さくら金田久美子とラウンドした野村敏京の組が、もっとも多くのギャラリーを引き連れてラウンドしていた。今シーズンに入って初優勝を果たした金田と、同じく初優勝を果たした野村だが、プロデビュー戦が優勝で、この大会がツアー2試合目ということで、会場に詰め掛けたギャラリーも野村のプレーを生で見る方がほとんどだったに違いない。

前半を1バーディ、2ボギーの1オーバーで折り返した野村は、ハーフターンで3組ほど待ち時間があることを知らされた。多くの選手が練習グリーンでパッティングをしながら時間待ちをしていたが、野村はその横にあるアプローチ練習場で、ウェッジを使って練習を始めてしまった。

すると、それを見ていた多くの選手や関係者から「あれは、まずいのでは!?」という声が上がりだした。野村のこの行為は、ゴルフ規則7-2『ラウンド中の練習』という違反に該当するため、次にプレーをする10番に2ペナルティが課せられることになった。

「ルールは知らなかったです。アメリカではいいんですけど、日本ツアーには、そんなに出ていなかったので、勉強しなければいけませんでした」と素直に反省した。その10番では3ストロークでホールアウトしたため、本来ならばバーディだが、スコアはボギーの「5」となった。

この2打罰で「ショットの調子がおかしくなってしまいました」という野村は、その後も2つのボギーを叩き、4オーバーの77位タイと出遅れることになった。野村のルール違反を聞いた、今大会テレビ解説でコース入りしている岡本綾子はホールアウト後の野村に会うと、一言アドバイスを行った。

「日本は四季があって、アメリカと違ってローカルルールが多いの。私もアメリカと行き来していた時には、どっちがどっちのルールか分からなくなってしまうことがあったけど、違うツアーだから勉強しないとね。でもゴルフは、いつどこでしてもHappy だから、頑張りなさい」と話した。

それを聞いた野村は「私は強くなりたいので、いっぱい勉強して強くなります。日本語もまだまだなので、日本語も勉強したいと思います」とコメントを残し、LPGAにルールの詳細について説明を受けに向かった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。