ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

女性としてゴルファーとして「芯を強く」 川崎春花の20歳の誓い

女子プロゴルファーの川崎春花が成人の日の8日、地元・京都市内の平安神宮で振り袖姿を披露し、取材に応じた。

昨年5月に20歳となった川崎は「20歳の誓い」を問われると、じっくり考えて答えた。「何事に対してもしっかり、自分で考えてやっていこうと思います。自分の意見を持っていて、芯の強い人になりたいです」

<< 下に続く >>

オトナの女性の理想像は、家族ぐるみで付き合いのある20代後半の知人。「東京に住んで、会社をしてはるんですけど、考え方がブレなくて、かっこいいんです」と憧れる理由を説明した。

ゴルファーとしても「芯の強さ」が欲しい。ルーキーイヤーの2022年に国内メジャー「日本女子プロ選手権」でのツアー初優勝を含む2勝を挙げ、衝撃的なデビューを飾ったが、昨年は0勝。ツアー出場32試合で「アクサレディス」「北海道meijiカップ」の3位などトップ5が3度あった一方、予選落ちが15回もあった。

「全然ダメでした」と振り返るシーズンだが、自分なりの収穫はあった。「確かにダメでしたけど、その分“もっと自分でいろいろ考えて、やらんとあかん”と思うようになった」

一番の課題はスイングの安定感を増すこと。「スイングをしっかり固めたい。元々ショットが好きやし」。パーオン率は22年の72%から68%に落ちた。理想のショットメーカーを目指し、同時に腰に抱える不安も解消すべく、このオフは自重を使った「体の芯、体幹の強化」に重点をおいたトレーニングに余念がない。1月末からは同学年で仲のいい櫻井心那佐藤心結と一緒に約1週間のタイ合宿を予定。2月から本格的に打ち込みを行う。

この日の振り袖はデザインに一目惚れして、決めた。「洋風が入ってて、柄がバラ。ちょっと普通じゃないでしょ? オシャレでかわいい」。自分が望むものを迷わず求める。「今年はほんまに優勝したい。そのための準備をしっかりせんと」。20歳の京女がはんなりと決意を口にした。(京都市/加藤裕一)

関連リンク



あなたにおすすめ


特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!