ニュース

国内女子資生堂レディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

稲見萌寧「いつ倒れてもおかしくない」 東京五輪の暑さと比べても…

2022/06/30 18:43


◇国内女子◇資生堂レディスオープン 初日(30日)◇戸塚CC(神奈川県)◇6570yd(パー72)

梅雨明けの横浜、晴天で迎えた大会初日。稲見萌寧がノーボギーの5バーディ「67」で回り、4位で滑り出した。

<< 下に続く >>

スタートの10番でバーディを奪うと、16番(パー5)は3打目を1.5m、18番(パー4)は2打目を2mにつけてバーディを重ねて「33」で折り返した。後半も3番で2m、6番では1.5mのバーディパットを確実に沈めて、スコアを伸ばした。

「セカンドショットがそこそこうまくいってくれたりとか、ちょっと嫌なパッティングも入ってくれたりって感じだったので、ティショット以外がそこそこ良かった」

この日は気温36度を超える猛暑。午前7時35分と早めのスタートだった稲見も、この暑さに苦しめられた。「傘をずっと差して、ヤーデージブックで扇いでいた。水分補給もたくさんして、後半は氷のうを使おうと思ったけど、氷がすぐ溶けてしまって使えなくて…。最後の3ホールぐらいは、いつ倒れてもおかしくないぐらい」。それでもノーボギーと集中力を切らさなかった。タフなコンディションの中でもスコアを崩さない、持ち前の安定感が光った。

暑さとの戦いといえば、銀メダルを獲得した昨年8月の東京五輪が頭に浮かぶ。「東京五輪の方は暑いだけだったんですけど、この時季だと湿度が高いので、いまの方がちょっとキツいかな」。6月と8月では、どうやら体感的に違うようだ。

「暑いと体がダルくなるというか、疲れとかも早めに出てきたりするし、うまくキレよく動けない」と言う稲見だが、残りの3日間の天気予報も晴れのマークが並んでいる。「(2日目は)お昼からのスタートですごい暑い時からなので、きょうは早めに練習を終わらせて体力を温存して、あしたに備えたい」。太陽との戦いは、あす以降も続いていく。(横浜市旭区/内山孝志朗)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 資生堂レディスオープン




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!