ニュース

国内女子パナソニックオープンレディースゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

逆転Vの西郷真央 劇的イーグルで「心臓がドキッ」

◇国内女子◇パナソニックオープンレディース 最終日(1日)◇浜野GC(千葉)◇6660yd(パー72)

「ギャラリーの方の歓声とボールが消えるところが見えて心臓がドキッとしました」。1打差を追う15番だ。169ydから西郷真央が少し抑えて6Iを振り抜くと、球はピン手前から転がってカップイン。イーグルを奪った。

<< 下に続く >>

「100点に近いショットが打てた。イーグルを獲って帰り道に“事故らないかな”と思った。こんなラッキーなことあっていいのか」

グリーン手前に池が構える18番(パー5)でも2オンに成功し、2パットのバーディフィニッシュ。1イーグル2バーディの「68」で回り、通算10アンダーとして2打差を逆転した。

首痛から回復し、3週ぶりの参戦。「そこまで自分に期待していなかった」と話したが、抜群の勝負強さを発揮し、今季7戦で4勝目を挙げた。

「前半バーディパットが入らなかったが、あきらめずにプレーしたことが結果につながった」。強風に苦しみながらも、3日間のパーオン率は75%(43/54)を記録した。

今週は、同じ麗澤高校卒業で2歳上の先輩プロ・河野杏奈がキャディを務めた。その河野から「ミスがミスにならない。ピンにしか飛んでいかないし、微妙なパーパットも入れる。後輩ですけど、尊敬できます」と絶賛された。

小学校時代からの知り合いで「まおちゃん」「あんちゃん」と呼び合う仲。優勝争いの最終日もたわいのない話で緊張を和らげてもらった。

次週は今季メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」(茨城・茨城GC西コース)。前年大会は3打差2位で最終日を迎えるも「75」と崩れて10位に終わった。

最高の状態でリベンジに挑む西郷は「みんながいつも以上に勝ちたいと思っている。優勝しようと思ってできるものではない」。地元・千葉での優勝を糧にしつつ、冷静にメジャー獲りを見据えた。(千葉県市原市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには吉本ここねプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!