ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

「誰にも邪魔されたくない」稲見萌寧が目指すパーオン率80%

「誰かに抜かれるのは死守したい。誰にも邪魔されたくない。パーオン率80%は超えたい。全部グリーンに乗せて、バーディパットが入る、入らないの世界にしたい」-。稲見萌寧が3シーズン連続となるパーオン率1位奪取へ向け、言葉に力を込めた。

ツアーにフル参戦した2019年、記録が残る中では史上最も高いパーオン率78.21%をマークした。コロナ禍で統合されて長丁場となった続く20-21年シーズンも75.77%と、安定したショットで初の賞金女王を手繰り寄せた。

<< 下に続く >>

前人未到となるパーオン率80%の大台には「全体的に安定性が足りない」と自己分析。参考にするのがツアー50勝で永久シード(ツアー30勝)プレーヤーの不動裕理だ。「聞いた話だと不動さんは1yd刻みでショットが打てるとか。5ydなら打てますが、1ydはちょっと…」と2005年まで6季連続で賞金女王を獲得したレジェンドの正確性に舌を巻く。

「小学生、中学生の頃から総合的な目標は永久シードと言っている。この時代に永久シードを取れたらすごい。それを目指せるように頑張りたい」。22歳にしてツアー10勝もおごる気持ちはない。残り20勝へショットメーカーは精度に磨きをかけ続ける。

<国内女子ツアー パーオン率1位記録>

20-21年 稲見萌寧 75.77%
19年 稲見萌寧 78.21%
18年 申ジエ 75.34%
17年 イ・ミニョン 73.61%
16年 イ・ボミ 74.47%
15年 イ・ボミ 74.59%
14年 テレサ・ルー 74.10%
13年 李知姫 73.15%
12年 アン・ソンジュ 72.86%
11年 李知姫 72.29%

関連リンク



あなたにおすすめ


特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!