ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

シード喪失の成田美寿々「はってでも出場権を取る」

2021/11/29 14:50


◇国内女子◇QTファイナルステージ 事前(29日)◇葛城ゴルフ倶楽部 宇刈コース(静岡)◇6412yd(パー72)

来季の出場資格をかけた国内女子ツアーのQTファイナルステージ(最終予選会)が30日から始まる。8シーズン守り続けたシードを喪失したツアー通算13勝の成田美寿々は「どんなゴルフをしてでも、はってでも出場権を獲る」と臨戦態勢に入った。

<< 下に続く >>

2020、21年と統合された今季は41試合に出場し、トップ10入りは1度もなく、24試合予選落ち、棄権が2試合。今年5月の「リゾートトラストレディス」の12位が最高位だった。かつて自称した「かわい子ちゃんハンター」は輝きを失い、賞金ランキング102位、メルセデスポイントランキング98位に沈んだ。

1年以上痛みが取れなかったという腰痛を抱え、練習不足からスイングを崩したことが要因のひとつだったが、10月の「富士通レディース」(36ホール短縮競技)は5位でスタートし、14位に入るなど「ここ2年間で上位に入るぐらいのゴルフになってきたし、腰も問題ないぐらい回復してきた」と表情に暗さはない。

「力み」から練習通りにスイングができなかったことを課題に挙げ、「脱力」をテーマに取り組んできた成果を本番で発揮できるかがカギ。「壁は越えなきゃいけない」と自らに言い聞かせる。

舞台は2勝した2019年に「ヤマハレディースオープン葛城」を制した葛城GC。コースは山名ではなく、丘陵の宇刈となるが、攻め方のイメージはある。「優勝したことがある、それを信じてやる」と強みもあるだけに「緊張もしていないし、QTだからと特別なことはない。ただ、早く終わってほしい」と笑って言った。

若手の活躍が目覚ましい女子ツアーにあって、29歳は「数年前からヒール役になりたいと思ってやってきたが、実力がないとヒール役にもなれない。しっかり舞台に戻ってヒール役を買って出たい」と、かつての異名“逆転の成田”復活を誓った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには小林瑞季プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!