ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

120試合連続出場中の小祝さくら 今季“休みなし”で女王奪取を決意

2021/09/28 17:24


◇国内女子メジャー◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 事前情報(28日)◇烏山城CC(栃木県)◇6550yd(パー71)

小祝さくらが、休むことも示唆していた次週「スタンレーレディス」に出場する意向を固めた。ツアーに本格参戦を果たした2018年から前週まで120試合連続出場を続けてきた。

<< 下に続く >>

「試合も残り少なくて、(賞金女王の)チャンスもかなり減ってきているので、出ることにしました」。現在、トップ稲見萌寧と約3300万円差の賞金ランキング2位につける小祝は、女王奪取に向けてラストスパートを決意した。「今年いっぱいは全部出て、来年は休みをしっかり作ったりしてやってみようかなって考えています」と、残り9戦にフル出場することを明かした。

62位に終わった前週は「ドライバーは良かったけど、アイアンがぶれていた」というが、動画でチェックするなどして、テークバックでインサイドに引いていたために、フォロースルーの軌道がずれていたことに気付いたという。そのポイントを修正し、「きょうは先週より、良い感じで打てていました」と柔らかな笑みを浮かべた。

490ydの17番(パ-4)など、距離の長いホールもある烏山城。「ちょっと長いホールもあったり、砲台グリーンだったりする。しっかり飛距離を出して、セカンドもグリーンをしっかりとらえないと、パーを獲るのが必死というゴルフになってしまう」と、ショットの精度が問われる戦いを想定する。

昨年大会は2日目に首位に立ちながら結果2位に終わったが「コースも違うし、調子もぜんぜん違うので」と、気にする素振りはない。「メジャーだからといって力が入るとかはないけど、あまり気負わないでプレーしたいです」と、今週もまた新たな一週間に平常心で挑んでいく。(栃木県那須烏山市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本女子オープンゴルフ選手権




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!