ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗と笹生優花が「日本女子オープン」を欠場 観客は1日上限5000人

2021/09/13 15:28


日本ゴルフ協会(JGA)は13日、リモート会見を開いて新型コロナウイルス禍での入出国や隔離の影響で畑岡奈紗笹生優花が「日本女子オープン」(9月30日~10月3日/栃木・烏山城CC)を欠場することを明らかにした。

同会場での2016大会をアマチュアで制するなど3度優勝の畑岡、6月の海外メジャー「全米女子オープン」を制した笹生と注目選手が欠場することについて、山中博史・専務理事は「アメリカと日本の入国帰国のスケジュールにより出場できないとの連絡があった。我々としては残念」と話した。

<< 下に続く >>

渋野日向子、アマチュアの梶谷翼はJGA特別承認者として出場することがすでに発表されている。

また、同大会を含む「日本シニアオープン」(9月16日~19日/山梨・シャトレーゼヴィンテージGC)、「日本オープン」(10月14日~17日/滋賀・琵琶湖CC)の主催3大会についていずれも1日上限5000人で観客を受け入れる。

昨年一律25%減額した賞金総額も一昨年と同額に戻す。昨年大会はいずれもコロナ禍により無観客開催で賞金総額も減額されていた。

大会ゼネラルプロデューサーの戸張捷・常務理事は「今年は各ゴルフ場のある自治体など関係者と相談して1日5000人の入場を決定した」と説明。チャンピオンズディナーは昨年同様行わないという。

これにより、日本シニアオープンは賞金総額8000万円(優勝1600万円)、日本女子オープンが賞金総額1億5000万円(優勝3000万円)、日本オープンが賞金総額2億1000万円(優勝4200万円)となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本女子オープンゴルフ選手権




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!