ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

「まだ優勝するイメージは湧いていない」 渋野日向子の復帰戦は25位

2021/09/13 09:50


◇国内女子メジャー◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日(12日)◇静ヒルズCC (茨城県)◇6680yd(パー72)

後半17番で1mに寄せたパーパットを外し、「プチンと切れてしまった」と渋野日向子は肩をすくめた。続く18番はティショットを左に引っ掛け連続ボギー。「昨日までの3日間はめちゃくちゃ頑張って耐えたのに、最後の最後に出してしまった」と、抑えようと意識して、ここまで一度もなかった連続ボギーを、4日間72ホールの上がり2ホールで叩いた自分を責めた。

<< 下に続く >>

「前半からショットが良かったのに、今日一日はパターで台無しにしてしまった。めっちゃ悔しい」。11番までの3バーディを、12番の3パットを含む3ボギーで帳消しにした最終日。8月の海外メジャー「AIG女子オープン(全英女子)」から帰国し、新型コロナウイルス感染拡大防止のための2週間の隔離明け初戦となった国内ツアーは、「72-72-69-72」の4日間通算3アンダー25位という“平凡”な結果で終わった。

試合の4日間をこなすうちに平均飛距離も上がっていき、最終日は初日から14ydアップの254ydを記録した。「タテ距離もあってきていると感じるし、きょうは一番チャンスに付く回数は多かった」と渋野本人もショットの好感触をつかんでいる。

「それに、この難しいピン位置やグリーンの速さの中で、だいぶランも減ってきている。ちょっとずつスピン量も増えてきて良い感触になっている分、その中で結果を出さないといけないということもあり、今日は特にパッティングに影響してしまった」と、自身の現状を分析した。

「もっとスコアの出る内容だったなと感じるし、パターを除けば、きょうも良いゴルフができていた」と前向きにとらえる一方で、「まだ自分の中では優勝するイメージが全然湧いていなくて、トップ10に入ることもちょっと難しいんじゃないかなって考えている」と、現実を見る目はシビアだ。

11月末に控える米ツアーのQスクール挑戦も見据えている。「今年は国内ツアーも何試合かしか出ていないし、アメリカの試合も連続では出ていない。今回帰ってきて、久しぶりに連戦で出させていただくので、その中で試合慣れをして、ちょっとずついろいろかみあってくればいいかなと思います」。次週は2年前に8打差を逆転して制した「住友生命 Vitality レディス 東海クラシック」(愛知・新南愛知CC美浜コース)。充実の秋を思い描いた。(茨城県常陸大宮市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!