ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子「欲深くいかないように…」 6週ぶりの国内ツアー

2021/09/09 15:26


◇国内女子メジャー◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 初日(9日)◇静ヒルズCC (茨城)◇6680yd(パー72)

朝から小雨がぱらついた大会初日。6週ぶりの国内ツアーとなった渋野日向子は、午前組でプレーして4バーディ、4ボギーのイーブンパー。同組の全美貞(韓国)と西郷真央がともに3アンダーで回る中、「久しぶりの国内戦でもあったので、欲深くいかないように。冷静にリスクの少ないショットを打つことを第一に考えてやった」。8月の海外メジャー「AIG女子オープン(全英女子)」を終えて、新型コロナウイルス感染拡大防止のための2週間の隔離明け後の初ラウンドを無難に終えた。

<< 下に続く >>

10番から出た序盤は、3m前後のパットを沈めて2バーディが先行。14番(パー5)でも7mのバーディパットを沈めたが、13番では花道からのアプローチを寄せきれず、グリーンを外した15番(パー3)も2mをセーブできずに1アンダーで折り返した。

アウトコースの後半は「タテ距離が合わず、パッティングの距離感も怪しくなってきた」と2ボギーを追加。「締めは良かった」と、最終9番(パー5)は95ydを52度のウェッジで1.5mにつけてバーディフィニッシュとしたものの「たくさんボギーを打ったけど、イーブンで回れたのはまだ良かった」と晴れやかな表情とはいかなかった。

「準備不足、調整不足。パーを獲るのに必死ではあったけど、フェアウェイから(グリーンを)外したり、ラフからなんとか縦距離を合わせたけどパットをミスしたり…。そういうことで落としたのがすごく残念」と、防げるミスが続いたことも悔しがった。

スイング改造中とはいえ、今年は日米ツアーを通じてまだトップ10入りがない。その事実も渋野の口を重くするようだ。「全英でも4連続ボギーをしたけど、メンタル面で1打、2打、落としているなと自分でも感じるので、そこをなんとか抑えられるように…」と視線は下を向きがちだ。

静ヒルズCCを設計監修した男子プロの中嶋常幸が、18ホールを終えた渋野にそっと声を掛けた。「人生長いんだから。いろいろ寄り道しながらでもいいんだよ」。レジェンドの言葉が、無観客のコースに静かに響いた。(茨城県常陸大宮市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!