ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

「飛距離はもっと重要視されていくべき」コースセッティング担当の山崎千佳代

2021/09/09 08:18


◇国内女子メジャー◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 事前(8日)◇静ヒルズCC (茨城)◇6680yd(パー72)

女子プロ日本一を決める「選手権」で、今年のコースセッティングを担当するのは山崎千佳代プロ。「ラフは90mmでイメージ通りの素晴らしい状態。フェアウェイ幅も30yd前後で狭くはないので、思い切ってドライバーショットは打っていけると思う。一見、飛ばし屋が有利かなと思うけど、フェアウェイの先が絞られているホールもあるので、ティやホール位置によって難易度が変わってくる」と、今年のコース状態を説明した。

<< 下に続く >>

「世界に通用する選手を輩出する」のが日本女子プロゴルフ協会の使命のひとつ。山崎プロは「海外のトップクラスを見てきて、やはり飛距離はかなり大事な部分ですし、もっともっと重要視されていくべき点だと思う」という考えのもと、今大会でも距離を強調したホールがいくつかある。

13番(パー4)はティを前に出さずに430ydを維持する予定。6番(パー5)も565ydの設定で、2オンが狙える9番(470yd)、10番(490yd)のパー5とは一線を画するホールとなっている。8番(パー3)も210ydあり、「過去のプロテストを見ても、ドライバーで届かない選手もいた」という長さがハザードとなっている。

それでも、「トップクラスの選手は1日4つ5つのバーディは獲っていける。ポイントはリカバリー。取りこぼしを少なく、ボギーを打たない。そういう選手が優勝争いに入っていけるのかな」と山崎プロ。優勝スコアは「15アンダー以上」と予想した。(茨城県常陸大宮市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!