ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

「日本女子プロ」開幕2日前の静ヒルズ コースには意外な男子プロも

◇国内女子メジャー◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 事前情報◇静ヒルズCC (茨城)◇6680yd(パー72)

大会開幕を2日後に控えた火曜日。無観客ということもあり、まだ選手たちの雰囲気も和やかだ。夏の暑さも盛りを過ぎ、ゴルフのベストシーズンを迎えつつあるコースの様子をリポートする。

<< 下に続く >>

前週は「左腕痛(虫刺され)」のため途中棄権した稲見萌寧は、この日は元気に練習ラウンド。「左腕の痛みはなくて、違和感もないです」と笑顔で復調をアピールした。東京五輪で銀メダルは獲得したが、メジャー優勝も大きな目標の1つ。「勝ちたい思いはすごくあるけど、まずはいつも通り楽しんで回ることを心掛けて、それでスコアも良くなってくれたらいい」と、初メジャーもマイペースで獲りに行く。

賞金ランキング首位の小祝さくらは、上田桃子吉田優利と練習ラウンドをともにした。「ドライバーショットが左右どっちにも行ったり、曲がったりしている」とショットに不安があるというが、「気合いが入り過ぎても空回りがあるので…」と、同じく初メジャー制覇に向け、低めの期待値がプラスに働くこともありそうだ。

一方、歴代優勝者として10年ぶりにレギュラーツアーに出場するのは54歳の原田香里。「プレーや技術は今の若い子の方が上だけど、ゴルフに対する姿勢とか、なにかを感じてもらえたら」と身体を張ってツアー最高峰の戦いに挑んでいく。

また、この日コースで出会った珍しい人物は男子プロの宮本勝昌だ。今週は佐藤絵美のキャディとしてその戦いをサポートする。5月の国内男子ツアー「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品」では宮本のキャディを佐藤がしていたが、今週は立場が逆転。宮本にとっては「学生のときに芹澤さんのキャディをして以来」というキャディ業だが、練習場でも熱心に指導するなど、黙々と裏方に徹していた。(茨城県常陸大宮市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!