ニュース

国内女子アース・モンダミンカップの最新ゴルフニュースをお届け

「何しているんだろう」古江彩佳は五輪出場を逃して悔し涙

2021/06/27 15:05


◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 最終日(27日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6639yd(パー72)

五輪の重圧は21歳に大きくのしかかった。日本勢3番手で出場枠を勝ち取るためには「優勝」が絶対条件だった古江彩佳は、9打差逆転を目指してスタートしたが、2バーディ、1ボギーの「71」で通算8アンダー11位。ホールアウト後は、涙を流して悔しさをあらわにした。

<< 下に続く >>

「オリンピック関係なしに、今日のゴルフに悔しいなって涙が出ました」。ピンをさすショットを見せるなか、1、2mのショートパットを決められずにカップに嫌われる一日となった。「(パターの)調子自体は悪くないんですけど、微妙な、読みにくいラインが結構あって、なかなか入れられなかったです」

ギャラリーからの声援を励みにプレーしたが、後半に折り返した11番などを歩いているときに「何しているんだろう」という気持ちがよぎり、涙が込み上げてきたという。「1番からリズムをつかめなくて、2番でバーディがきて、3番でも決められたらリズムを変えられたのかもしれない」。モットーとする笑顔は消えていた。

「オリンピックのことを考えすぎて自分のプレーができなかった。一打に集中できるように、試合をやっていくなかで集中していく技術じゃないけどトレーニングをしていきたいと思います。まずは自分のゴルフができるように落ち着いて、笑顔で楽しく回れたらいいな」

悔し涙を流す姿はあまり見せない古江。記憶にある涙は「高校2年生のときの日本ジュニアで予選落ちした時ぐらい」。この経験が生きるときは必ずやってくる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アース・モンダミンカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!