ニュース

国内女子明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

祖父の言葉を胸に刻み 稲見萌寧が「忍耐」でつかんだ涙の勝利

2021/03/14 17:36


◇国内女子◇明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ 最終日(14日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

2位に3打差をつけて出た最終日。稲見萌寧は「自分の調子は悪くないけど、風のジャッジが全部逆にハマって、悪い方、悪い方に行ってしまった」と苦しんだ。

<< 下に続く >>

最大のピンチは、2つ落として折り返した後半10番。ティショットを右に曲げると、球は隣の15番ホールのラフに止まった。林に邪魔されて10番方向は狙えずに、2打目は15番ティ方向へ。3打目は7Iで木を越して10番に戻そうとしたものの、上がりきらずに木に当たり、斜面にポトリ。4打目でなんとかグリーンエッジまで運んで、寄せワンのボギーとした。

「あそこをボギーで終われて、チャンスがあると思えた。ダボやトリなら心くじけたと思うけど、まだ頑張れる、まだ頑張れると言い聞かせられた」と振り返った。オフに取り組んだキックボクシング効果もあり、「キャディさんと崖を登ったり、降りたり2往復くらいして、2ラウンドくらい回ってきたような疲労度だったけど、次の次のホールくらいには回復していた。足もちょっと強かったですね」と笑顔を見せた。

座右の銘は、ゴルフを始めるきっかけとなった父方の祖父にもらった「忍耐」という言葉。稲見がQT受験中の2018年に亡くなったが、「ゴルフというより、すべて辛いことに我慢して取り組めっていうことだと思うんです。色紙に書いてもらおうとしたけど、下書きの普通の紙になってしまって…」と、会見で思い出して涙ぐんだ。

最終日のスコアは4オーバー「76」。それでも、諦めずに優勝をつかみとった稲見は「最後まで諦めないで本当に良かった」と胸を張った。(高知県香南市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!