ニュース

国内女子JLPGA新人戦 加賀電子カップの最新ゴルフニュースをお届け

師匠ジャンボからゲキ 西郷真央「ボロボロやないかと」

2020/12/10 16:45


◇国内女子◇JLPGA新人戦 加賀電子カップ 初日(10日)◇グレートアイランド倶楽部 (千葉県)◇6488yd(パー72)

19歳・西郷真央は4バーディ、2ボギーの「70」でプレーし、首位と1打差の2アンダー2位発進。後半10番では2m、続く11番で8mを沈め、「後半はずっとバーディチャンスにつけていた。良いゴルフができていました」と笑顔で振り返った。

<< 下に続く >>

コロナ禍で試合数が激減したレギュラーツアーでは全14試合に出場し、開幕戦の6月「アース・モンダミンカップ」から2試合連続で最終日最終組と優勝争いを演じた。

それでも7月に背中を痛めて調子を落とすなど、6試合で予選落ち。賞金ランキングは33位(約1771万円)に終わった。

師匠でもある男子プロの“ジャンボ”こと尾崎将司へシーズンの報告に行くと、ジャンボからは「ボロボロになっているやないか。良かったときの調子を思い返してできるようになれ」と厳しくも愛のあるアドバイスをもらった。

また西郷は「ショットに関しても、いろいろと教えてもらいました。ダウンスイング始動時の下半身の使い方。開幕まではできていましたが、徐々にできなくなっていた」と課題を明かした。

同じジャンボ邸で汗を流した笹生優花原英莉花は2020年レギュラーツアーで優勝をつかみ、10日に開幕する海外メジャー「全米女子オープン」(テキサス州・チャンピオンズGC)に挑む。同門の一人としてまずは日本で結果を残したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 JLPGA新人戦 加賀電子カップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!