ニュース

国内女子JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

優勝スコアは「1ケタでも」 前年覇者のペ・ソンウ

2020/11/25 13:58


◇国内女子メジャー第3戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 事前情報◇宮崎CC(宮崎県)◇6543yd(パー72)

前年大会の優勝スコアは通算11アンダー。ディフェンディングチャンピオンのペ・ソンウ(韓国)は「ことしのコンディションでは1ケタ…、6アンダー、7アンダーでも優勝が可能では」とみている。雨、風が舞った1年前から一転、今週の宮崎の空は青い。

<< 下に続く >>

2020年節目の一戦を控えた当地は前週末から晴天に恵まれている。「速くて硬い。ショットもテクニックを必要とされる」と警戒した高麗芝のグリーンは母国でプレー経験がなく、まだ慣れない。「ラインの読みで頭の中が忙しくなる。傾斜と芝目が重なるところが非常に難しい」厄介な相手だ。

一方で一昨年から大会のコースセッティングを担当する中野晶は、優勝スコアを「ずばり15アンダー」と期待した。「グリーンのコンディションが良く、例年ほどピンをグリーンの際(きわ)に切らないようにする。際に切ると選手の戦意を喪失させてしまう。例年よりもピンを攻める気持ちを持ってくれるのでは」とアグレッシブなショットによるバーディ合戦を予想。「パッティングのストロークをつかめれば、そのくらいになると思います」と語った。

ペにとって、コロナ禍で9月に復帰した今季は“独り立ち”のきっかけにもなったという。「ことし初めて自分ひとりで日本に来て、ツアーを回ることに挑戦した。すべてを自分が管理するのが初めての経験。そういう意味ではよく頑張っていると思う」。異国で不慣れな生活にチャレンジしながら、8試合で2位が2回、3位が2回という成績には胸を張る。

「ベストを尽くして試合に臨んでいるけれど、(各試合で)自分よりもいいプレーをした選手がいた。欲が出たとき力が入りすぎて優勝を逃したと反省する面もある。メンタルを鍛えてチャンスを逃さないように。そうすれば(タイトルを)つかめると信じています」

会場は大会カラーの赤い看板等で埋め尽くされている。「赤はバーディの色。バーディを獲るイメージ、良い印象がある。個人的には赤は勝負カラーで、好きです」と連覇への意欲を言葉に込めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!