ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

3パットでも冷静に 渋野日向子が今季ベスト「スタートダッシュとしては上出来」

2020/11/19 17:30


◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 初日(19日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6545yd(パー71)

最も嫌う3パット。前半11番(パー5)で2オンから3パットした渋野日向子は「バーディを獲りたい気持ちはかなり強かった。ただ、今までよりも自分に腹が立つことはなかった。その後も長いパーパットが残る状況で、慌てずに、と考えていた。そこは去年や今年の最初と違うところ」とミスを冷静に消化した。

<< 下に続く >>

直後の12番(パー3)は2mを残すピンチ。すでに気持ちを切り替え、古賀雄二キャディにも相談し、頭で情報を整理する。「きわどいラインも多かったしキャディさんにも頼りながら。上りのフックライン。しっかり打てばカップの内側を狙ってもいい状況だった」。緩むことのないストロークでカップ中央から沈めたパーセーブに「良いストロークで打てた。これだなと思えたし、その後はストロークしやすかった」とうなずいた。

「パットにすごく救われた」と振り返る。210ydを3Wで2オンさせた17番(パー5)で2つ目のバーディ。18番では4mのパーパットを沈め、後半3番(パー3)でも1.5mを決め、ピンチをしぶとく切り抜けた。

日々のパット練習が実を結び出したのは、今季初の予選通過を決めた前週「伊藤園レディス」の2日目。カットラインを意識した中で上がり2ホール連続でしぶといパーパットを沈めた。今大会開幕前も「ショートパットでしっかりストロークでき、壁ドンで入れられた」と思い返した。

右足裏の痛みをかばいつつ歩くため、右足は靴擦れを起こした。「ティショットをラフに入れることも多かったし、パーオンがあんまり出ていない」とショットが本調子ではない中で3バーディ、ボギーなしと今季国内ツアーの自己ベストスコアになる「68」をマークした。今季は日米ツアー計11試合目になるが、初日最高になる4位発進につなげた。

「個人的にはノーボギーで回れたことは良かったし、スタートダッシュとしては上出来。2日目に順位を下げることが多かったので粘り強いゴルフをしたい」と力を込めた。(愛媛県松山市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!