ニュース

国内女子富士通レディース 2020の最新ゴルフニュースをお届け

「パターに助けられた」 浅井咲希はリベンジVへ首位浮上

2020/10/17 17:58


◇国内女子◇富士通レディース 2日目(17日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6659yd(パー72)

プレーオフ惜敗の悔しさから1週間。冷たい雨風にさらされて難易度の上がった2日目に、浅井咲希がこの日ベストの5アンダー「67」をマークして、通算5アンダーの単独首位に浮上した。

<< 下に続く >>

「先週はパターを決められなくて負けてしまった。だから、パター練習をよくやった」という浅井。最終18番はグリーン奥から20m近いパットを2パットで切り抜けて、「100点です。きょうはパターに助けられた」と、気難しい相棒を褒め称えた。

「基本、暑がり」という浅井は初日は半袖でプレー。さすがにこの日は多めのインナーにカイロが2つ、レインウエアも着たものの「晴れの時より集中できる。雨は昔からそんなにスコアは悪くない」と苦手意識はないという。「すごく寒くて、後半は手がかじかんだままでした」という中でも、振りやすさを考慮してレインウエアの腕の部分は取り外し、豪快に18ホールを回りきった。

2019年8月「CATレディース」以来のツアー2勝目を見据えるが、「1勝目はすごくショットの調子が良かったけど、いまはあまりよくなくて…。こんな良い位置にいて、頭がついていってない」と、戦闘モード全開とはちょっと違う。

あす最終日は天候が回復する予報。「あまり欲張らず、普通にプレーしたい」という浅井だが、「パターさえ決められれば優勝できると思った」という先週のリベンジへ、絶好のチャンスが到来した。(千葉市緑区/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 富士通レディース 2020




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!