ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「ワタシ、やる気あります」原英莉花がベストスコア締め

2020/10/11 16:15


◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日(11日)◇東名CC(静岡)◇6572yd(パー72)

雨上がりの富士山麓でナショナルオープンチャンピオンが猛チャージをかけた。4オーバー46位だった原英莉花が、インスタートの裏街道から7バーディ、1ボギーで回り、この日ベストの「66」をマーク。通算2アンダーの5位タイで意地を見せた。

<< 下に続く >>

スタート前に掲げた「6アンダー」の目標を見事にクリアした。5m以内のチャンスをつくり続け、後半8番(パー5)では4UTで2オンさせてバーディ。前日までの悪天候がウソのように晴天に転じ、「自分の気持ちも高まるし、汗ばんだのが久しぶり。うきうきしたラウンドになりました」と気持ちも晴れやかにプレーした。「2個くらいバーディパットを外したのがもったいない」出来でも今季4回目のトップ10入りだ。

「日本女子オープン」のタイトルをつかんで臨んだ試合を、きっちり上位で終えたことに安堵もした。実は今週、ちょっと気になることが…。自身のSNSのコメント欄等で、少々辛辣な応援メッセージを目にした。

「おとといのプレーを見た人が、今週は『(日本女子)オープンのときと顔が違う』、『やる気がないのか』みたいな感じで…」と、出遅れた初日を受けた反応が気になった。「やる気あります。ワタシ、いつでもやる気ある! でも、きょうのプレーで納得してもらいたいですね」と笑顔で“憤慨”した。(静岡県裾野市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!