ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<10月5日>

2003年 服部道子 9年ぶりの日本女子オープン制覇 POのドラマ

千葉カントリークラブ野田コースで開催された日本女子オープン。当時35歳の服部道子李知姫(韓国)をプレーオフで下し、9年ぶりの大会優勝を果たした。

通算1アンダーで並んだプレーオフではドラマが生まれた。16番での2ホール目、グリーン奥に打ち込んだ服部に対し、李は2.5mのバーディチャンスにつけた。服部のアプローチは寄り切らずパーパットを外す。9505人の観客が李の勝利を確信した。

<< 下に続く >>

しかし、バーディパットを外しながら70cmを残した李が、このパーパットを外す。さらにボールはカップ淵をなめるように2m転がり、ボギーパットまでも決められず。優勝を目前に迫りながら4パットのダブルボギーをたたき、ボギーパットを沈めた服部に勝利の女神がほほ笑んだ。

大会は10年ぶりのプレーオフ決着だった。服部は「李知姫さんが4パットしたときは、頭の中が真っ白でした。まるでテレビを見ているように、『あんなにころがっていくの!』って感じでした。とにかくまだ自分のパットが残っていたので集中しました」と驚き、「今回の優勝は悪いときでも真面目に取り組んできたご褒美だと思って、これからもコツコツと努力していきたいです」と拳を握った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!