ニュース

米国女子ショップライトLPGAクラシックby Acerの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ショップライトLPGAクラシックby Acer
期間:10/01〜10/04 場所:シービュー・ア・ドルチェホテル(ニュージャージー州)

「病んでました」渋野日向子は救いのイーグル締めでメジャーへ

2020/10/05 07:27


◇米国女子◇ショップライトLPGAクラシックby Acer 最終日(4日)◇シービュー・ア・ドルチェホテル(ニュージャージー州)◇6190yd(パー71)

後半に強い渋野日向子が、最後の最後で本領を発揮した。1つ落として迎えた後半16番、残り118ydのセカンドショットを9Iで突っ込んだ。短いバーディパットを外した直後、17番(パー3)ではピッチングウェッジのベタピンショットでカップのフチを“破壊”。会心のバーディを奪った。

<< 下に続く >>

最終18番(パー5)はティイングエリアが前に出され、風もフォロー。「絶対に2オンしてバーディ」と自らに課したノルマどころか、1W、5UTと完璧なつなぎでピン下1mにつけるスーパーイーグルで締めくくった。「4日間で何回も外している(ショートパットの)距離だったので、すごく緊張したけど、最後は自分を信じて打てて良かった。(上がりで)本当に救われましたよね」と実感がこもった。

「残り3ホールまでは、かなり病んでました」と苦笑交じりに振り返る。1番からバーディパットがショート。2番もセカンドでチャンスに絡めながら決めきれない。3番(パー5)では2オンに成功したが、長いイーグルパットが3m以上オーバーした。返しのバーディパットはカップに届かず「『逆だよ』って。思ったより結構(ファーストパットが)行ったのはあるんですけど、もうちょっとマシなパッティングができるよねって。“萎えまくり”ました」。ポアナ芝のグリーンで再び距離感に悩まされ、マイナスの感情を消化するのに必死だった。

怒涛(どとう)の上がりで、通算6アンダーの27位。「(最後のプレーを)いや、もうできるなら最初からやりたいんですけどね。それができないのがゴルフなんですけど…」と口をとがらせつつ、次週のメジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」へつながるフィニッシュ。「残り3ホールの攻めの気持ちを忘れず、メジャーではもっともっと自分らしいゴルフができたら」と誓う。

2カ月に及ぶ長期海外転戦の「集大成」と位置付けるが、メジャーへの特別な意識はないという。「(コロナ禍で)Qスクールもなくなってしまって、私が(すぐに)アメリカツアーに出るためには優勝するしかない。メジャーも大事ですし、まだまだ実力不足過ぎて、今回はそこまで思えなかったですけど、出していただける試合を一生懸命戦って、優勝すればアメリカツアーにも行ける。(その気持ちはどの試合でも)変わらないですね」。謙虚な心に野望を秘め、大舞台に乗り込む。(ニュージャージー州ギャロウェイ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ショップライトLPGAクラシックby Acer




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!