ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

初メジャーへ2位浮上 笹生優花は「まあまあ」で折り返し

2020/09/11 18:15


◇国内女子メジャー第1戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目(11日)◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇6640yd(パー72)

今季2勝を挙げている19歳の新星・笹生優花が、2日目を終えて通算6アンダー2位の好位置で折り返した。大会最年少優勝へ向け、首位のペ・ヒギョン(韓国)を2打差で追いかけている。

<< 下に続く >>

午後組だった初日は「68」。風が吹き、ときおり雨もぱらついた2日目は、午前組で4バーディ、2ボギーの「70」とした。「きょうは我慢のゴルフですね。毎回(スコアが)伸びるのがゴルフじゃない。雨も風もあるのがゴルフなので、それに対応できることを自分なりにやっています」と、1打や1ラウンドの浮き沈みは俯瞰して受け止めている。

笹生にとっては、まだ36ホールが終わっただけ。リーダーボードも、メジャータイトルへの意識も「あまり気にしてないですね」とさらりと言う。2014年大会で鈴木愛が記録した20歳128日の最年少優勝も、宮里藍畑岡奈紗に続く10代での3勝目も「いま気にしたところでどうにもならない」と、質問者が肩透かしを食らうばかりだ。

「世界一になりたいのが子供のころからある」という笹生にとって、そんな途上の些末な出来事の評価を求められても億劫に違いない。この日のラウンドの点数を問われても「難しいですね。どうやって点数をつければいいか分からないので、ちょっと自分では決められないです」と困惑気味。「きょうはまあまあでした」という自己評価が、精一杯の回答だった。(岡山県笠岡市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!