ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

ルーキー対決完勝の安田祐香「自分でも上手だなと思った(笑)」

2020/08/23 19:03


23日に札幌市の真駒内カントリークラブで行われた9ホールのエキシビションマッチで、安田祐香(19歳)は同じルーキーながら1つ歳下の西郷真央(18歳)に3&2で完勝した。

勝因に挙げた1ホール目の7mのロングパットに加え、3ホール目のパー5ではグリーン奥から58度で打った4打目をピン1mまで寄せ、「自分でも上手だなと思った」と笑った。

<< 下に続く >>

2週前の国内女子ツアー「NEC軽井沢72」はホステス大会だったが、プロとして初めての予選落ちに終わった。「余計に悔しさがあった。緊張はしてなかったけど(気付かないところで)プレッシャーみたいなのはあったのかな」と振り返った。

スコアをまとめる上で重視するショットは「完成というか良いという感じではないけど、振れていたし、それは良かった。(NECでは)振れていなかった。最後まで振り抜くことを意識して1週間練習した」と調整に努めた。

一打の重みも実感し「“あの時”と思ってしまうこともあるので、そういうのが無いように丁寧にゴルフをしたい」。27日から開催される「ニトリレディス」(北海道・小樽GC)に向けて前を見据えた。

アマチュアとして出場した前年大会では、最終日最終組でプレーし4位で終えた。同組の鈴木愛が優勝する瞬間を目の当たりにし、「パターが入るので、ショットをつけるたびに『これ入るんやな』という雰囲気があった。強みがあれば(優勝を争う)相手にも思わせる部分がある」と、すごみを実感した。

「天候とか分からないですけど、一打一打を大切にして去年より良いスコアで終えたい」。悔しさを晴らす準備は万全だ。(札幌市南区/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!