ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ホステス大会4年連続予選落ち 原江里菜の反省と収穫

2020/08/16 07:07


◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目(15日)◇軽井沢72ゴルフ北コース(長野県)◇6710yd(パー72)

イーブンパー47位から出た原江里菜は、1バーディ、4ボギーの「75」とスコアを落とし、通算3オーバー77位で予選落ち。大会スポンサーのNECに所属。昨年は1打差で決勝ラウンド進出を逃すなど、ホステス大会は2017年から4年連続で予選落ちとなった。

<< 下に続く >>

2008年大会覇者は、「大事な試合だったので、もうちょっとやりたかったですけど、ここ何年間の中では一番ちゃんと準備してここに来られたと思うので、それに関しては、悔いはない」と、結果を受け止めた。

前半は10番から出てパーを並べ、18番で初ボギー。「今日はショットがあまり良くなくて、正解が分からないから、それを抑えて打つこともできなくて。打ったらどっちが出るか分からないみたいな感じだったので、大きく曲げることもあった」。後半はさらに3つ落として、最終9番(パー5)でようやく初バーディ。悔しさは残るが、3パットは初日の1つだけ。「パッティングは良くなった」と収穫を口にする。

コロナ禍の中、この場所に立てることそのものに感謝する。期待していた「いい週末」とはいかなかったが、「ショットはもちろんですけど、自分のなかで体力が足りなくて、うまくできない部分もあったので、しっかり休養と刺激を入れて準備したい」と、次戦へ目を向けた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!