ニュース

国内女子アース・モンダミンカップの最新ゴルフニュースをお届け

不安の開幕戦に名参謀 女王・鈴木愛は清水キャディとタッグ

2020/06/24 15:15


◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 事前(24日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622yd(パー72)

賞金女王の鈴木愛は2020-21シーズン開幕戦を前にアイアンの不安を口にした。「すごく悪いというわけではないが、下(地面)から打つような(短い番手の)クラブの調子が良くない。練習場では打てるけど体の開きが早くなっている」。自粛期間中は外出を控えクラブを握らず、当初はツアー開幕を夏場、もしくはそれ以降と想定していた。「ストレッチやトレーニングはしていたけど試合勘を含め不安な部分はある。柔軟性や筋肉的にも足りてない」と調整不足は否めない。

<< 下に続く >>

加えて静寂の中で行う無観客試合もマイナス要素。「普段は結構マイペース、ゴルフになると気性が荒くなる」と自己分析する26歳は歓声を受け気持ちを乗せていく。「ギャラリーがいて自分の気持ちが高まる部分は大きい。バーディを獲ったときにファンの方に拍手してもらいたい。波があった方が自分的にはスコアが出しやすいです」と話した。

それでも頼もしいサポート役がいる。男女ツアーで通算30勝以上をサポート、今大会では15年からイ・ボミ(韓国)の連覇に貢献した清水重憲キャディ。スポット起用で、昨年5月「ほけんの窓口レディース」以来2度目のコンビだが「調子が悪い分、マネジメントをしっかりやりたい。いろんな方で賞金女王やたくさんの優勝を経験している方。信用してゴルフができる」と絶大な信頼を寄せている。

この日は清水キャディのカメリアヒルズCCの統計データを基に風向きやコースマネジメントを確認した。「『このラフは良いけどこのラフはダメだから、こうしよう』って2人で相談しながら回れた。頭でもシミュレーションができている。まずは欲張らずに4日間やりたい」。名参謀とともにシーズン初戦に目を向けた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 アース・モンダミンカップ




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!