ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ(中止)の最新ゴルフニュースをお届け

国内メジャー初の中止 渋野日向子優勝の「サロンパスカップ」

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は9日、国内女子ツアー第10戦でメジャー初戦の「ワールドレディスサロンパスカップ」を新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止すると発表した。国内メジャー大会の中止は初めて。5月7日から10日、茨城GC東コースでの開催を予定していた。中止は開幕戦から連続10試合と、二桁に達した。

大会を主催するJLPGAと日本テレビは「大会事務局では、ギャラリー・選手・ボランティアなどすべての皆様の安全確保を最優先に大会開催について慎重に検討を重ねてまいりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大および、この度の政府の緊急事態宣言を重く受け止め、中止の判断をいたしました」と説明した。

昨年は渋野日向子がツアー初優勝をメジャーで飾った。当時20歳178日での優勝は大会史上最年少。今年はディフェンディングチャンピオンとして臨む大会だった。

渋野はマネジメント会社を通じ「昨年念願の初優勝を飾る事が出来た思い出深い大会です。今は自分にできる事をしっかりと行い、新型コロナウイルスの影響が早く収束する事を願っております」とコメントを出した。

感染拡大を受け、安倍晋三首相は7日に緊急事態宣言を発出。感染が急拡大している東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象で、期間は4月7日から5月6日までの1カ月としている。

JLPGA関係者によると、同大会の次戦「ほけんの窓口レディース」(5月15~17日・福岡CC和白コース)の開催も不透明な状況だという。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ(中止)




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!