ニュース

国内女子ヤマハレディスオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

難コースとの闘いに体が悲鳴!飯島茜「私、やめます」

「ヤマハレディースオープン葛城」の初日、最もギャラリーを引き連れてラウンドしたのは昨年の女子公式戦優勝者の組み合わせだった。「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」を制した飯島茜、「日本女子オープンゴルフ選手権競技」を制した諸見里しのぶ、そして最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」を制した古閑美保の3人。

朝は穏やかだった風が午後になって強くなると、各選手スコアを崩しだした。この注目組では、古閑、諸見里がイーブンパーを境に粘り強いゴルフを見せていたが、飯島は序々にスコアを崩しだした。そして迎えた16番、6オーバーで迎えた飯島茜はティショットでOBを打ってしまった。その瞬間、飯島は左足をさすり、苦痛な顔を浮かべた。

左ヒザに激しい痛みを感じたと言う。スコア的には6オーバーはまだまだ予選通過が可能な位置。たとえこのホールダブルボギーに終わって8オーバーとなっても、2日目終了時点でのカットラインは10オーバーを越えると予想されているため、諦める位置ではない。それでも飯島は「すみません!私、やめます」と宣言し、痛みに耐えられないということで、第1ラウンドを残り3ホールという状態で棄権することを決意した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 ヤマハレディスオープン葛城




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。