ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

第二の石川遼発掘を目指し、国内男子ツアーがジュニアへ門戸拡大!

2008/04/15 20:04


今週いよいよ開幕する2008年の国内男子ツアー。昨年は石川遼が世界最年少でレギュラーツアー制覇を果たし、一躍世間の脚光を浴びた。その石川が「マンシングウェアオープンKSBカップ」に出場出来たのは、主催者推薦という枠を利用してのこと。2006年から瀬戸内海放送、九州朝日放送、朝日放送の3社主催のツアー(マンシングウェアオープン、KBCオーガスタ、マイナビABC)で、ジュニア選手へ本戦出場権を与える共同プロジェクトを実施していたが、今年はさらにその出場枠を拡大することが発表された。

この出場枠で出場できる選手は、推薦対象となる大会での成績を参考に、大会の主催団体がマナー・プレー態度も勘案して決定する。対象試合には12歳から出場できる試合もあり、石川の最年少ツアー優勝記録を更新するさらなる若手が登場する可能性も否定できない。低年齢化が進む女子同様、今後は男子ツアーでも若手選手の活躍する場面が増えそうだ。

<推薦対象となる競技(主催者)と出場枠 *は新規>
・「全国高等学校ゴルフ選手権春季大会」(全国高等学校ゴルフ連盟)高校男子の部
マンシングウェアオープンKSBカップ:2名
KBCオーガスタ:2名

・「ロレックスジュニア ゴルフチャンピオンシップ*」(日本ジュニアゴルフ協会)12歳~18歳男子の部
マンシングウェアオープンKSBカップ:1名

・「JJGAジャパンゴルフジュニアオールスター*」(日本ジュニアゴルフ協会)12歳~18歳男子の部
KBCオーガスタ:1名

・「全国高等学校ゴルフ選手権夏季大会」(全国高等学校ゴルフ連盟)個人戦・高校男子の部
マイナビABCチャンピオンシップ:1名

・「日本ジュニアゴルフ選手権競技*」(日本ゴルフ協会)男子15歳~17歳の部
マイナビABCチャンピオンシップ:1名

・「ポロゴルフジャパンジュニアクラシック*」(日本ジュニアゴルフ協会)12歳~18歳男子の部
マイナビABCチャンピオンシップ:1名

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。