ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

【速報】渋野日向子が単独首位でホールアウト 鈴木愛は4連勝ならず

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日(24日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6580yd(パー72)

最終組の2組前で7位からスタートした鈴木愛渋野日向子がホールアウト。賞金ランキング3位につける渋野が6バーディ、ボギーなしの「66」で通算19アンダーとし、単独首位に浮上して後続の結果を待つ。

同ランクトップの鈴木も「67」と伸ばしたが、渋野に1打差の通算18アンダーでホールアウト。1988年のツアー制施行後では初となる4連勝はならなかった。

また、鈴木が優勝を逃した時点で、渋野は次週の最終戦「リコーカップ」に逆転女王への可能性をつないだ。

最終組をプレーする森田遥が16ホールを終えて通算18アンダーとし、1打差で渋野を追っている。

【速報】鈴木愛が首位で後半へ 渋野日向子が同組で1打差を追う

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日(24日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6580yd(パー72)

ともに7位から同組でスタートした鈴木愛渋野日向子がアウト9ホールを終了。賞金ランキングトップで4連勝が懸かる鈴木が4つ伸ばし、通算17アンダーの単独首位で後半へ折り返した。

同ランク3位につける渋野も3つ伸ばして通算16アンダーとし、鈴木を1打差で追ってサンデーバックナインへ。なお、鈴木が優勝した時点で渋野の賞金タイトルの可能性が消滅する。

最終組を回る首位スタートの森田遥は6ホールを終えて1つ伸ばし、通算16アンダーで渋野と並んでいる。

10月のプロ転向から3戦目の古江彩佳は、9ホールを終えて3つ伸ばして通算15アンダー。同ランク2位の申ジエ(韓国)、前年覇者の勝みなみは、6ホールを終えて通算14アンダーで続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!